3秒以内!サイトの表示速度が遅い場合に生じる3つのデメリットと測定方法

2 min 16 views

サイトの表示速度が遅いとどんなデメリットがあるの??
そもそもどうやって調べたらいいかわからない。

サイト表示速度が遅いと3つのデメリットがあります。

・CVRが下がる

・売り上げが減少

・検索順位が下がる

どれもサイト運営に大きく関わる項目ばかりです。

あなたのサイトは何秒で表示されますか?

表示速度の低下によるデメリットをよく理解し、表示速度の向上に努めましょう!

CVRが低下する

「操作開始時間が3秒のサイトは1秒のサイトに比べ、コンバージョン率は38%低下、直帰率は50%上昇する」

日本ラドウェア株式会社: https://webtan.impress.co.jp/e/2014/07/08/17757

売り上げが減少する

サイト表示が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少する。

Amazon: http://robotics.stanford.edu/~ronnyk/2007IEEEComputerOnlineExperiments.pdf

検索順位が下がる

遅いサイトの順位が下がるのではなく、速いサイトの順位が上がる

Google: https://webmasters.googleblog.com/2010/04/using-site-speed-in-web-search-ranking.html

サイトの表示速度の測定方法

Googleでは、サイトの表示速度を測定するサービスを2つ提供しています。

実際私もこの2つのサービスを利用して、活用しています。

PageSpeed Insights 

まず一つ目は、「PageSpeed Insights」です。

このサービスは、モバイルとパソコンの2種類の速度を100点満点で測定してくれます。

また、改善点を細かく指摘してくれます。

この改善点を一つずつ改良することにより、あなたのサイトはより快適になります。

Think with Google

二つ目は「Think with Google」です。

このサービスはモバイルに特化したものです。
点数ではなく、表示時間を測定してくれます。

こちらのサービスも、修正点を教えてくれますので参考にしましょう。

現在は、パソコンよりスマートフォンなどからのアクセスが多くなってきています。
こちらで、モバイルでの表示時間を把握し、改善しましょう。

まとめ

サイトの表示速度が数秒遅くなるだけで、

  • CVRの低下による、売り上げの減少
  • 検索順位が下がることによる、アクセス数の減少
  • アクセス数の減少による売り上げの減少

このようにすべて、売り上げが下がる要因となります。

それは、あなたのサイト運営にとって重大な被害となるでしょう。

ページ表示速度の向上は、「検索順位の向上」以外にも多くのフェーズに確実にメリットをもたらす重要な施策だと言えます。

ページ表示速度の改善に、レンタルサーバーの見直しが有効な場合があります。
おすすめレンタルサーバーは「conoha wing」です。

気になる方は、こちらの記事を見てみてください。

hiro

hiro

映画と海外ドラマが大好きな、自営業30代。
7歳年下の彼女とかれこれ10年ほどお付き合いしている。
田舎に住んでいるがネットの力を借りながら、彼女に笑顔になってもらうために、検索の日々。
もしかしたら、あなたの彼女が喜ぶ情報もあるかもしれませんよ。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。